哲学の道
哲学の道
南禅寺付近から銀閣寺までの疎水沿いの小道で
いつでも多くの観光客で賑わっています。
f0095094_23252629.jpg

特に春の桜、秋の紅葉の時期は大変な人手です。
f0095094_23253937.jpg

なので地元の利を生かして早朝に行ってきました。
f0095094_23254554.jpg

名前の由来はご存知の方も多いと思いますが
哲学者・西田幾多郎がこの道を散策しながら思いに耽ったことから
この名前がついたと言われており、日本の道100選にも選ばれています。
f0095094_23255298.jpg

ここの桜は、「関雪桜」と呼ばれていて、これは近くに住んでいた
日本画家の橋本関雪の夫人が、京都市に桜の苗木を贈ったことに始まります。
f0095094_23255846.jpg
f0095094_2326612.jpg


f0095094_23261831.jpg

小道を覆うように見事に咲いていました。
f0095094_23262643.jpg


f0095094_23263175.jpg


f0095094_23263721.jpg

f0095094_232644100.jpg

地元の方々がお掃除してくれています。
おかげでゴミ一つ無く気持ちよく散策させてもらいました。
f0095094_23265146.jpg

今年はまだまだ続きますよ~。
[PR]
by belfast65 | 2010-04-08 00:13 | 京都
<< ちょっと休憩 枝垂桜 >>