駒井家住宅
京都、左京区の北白川疎水沿いの閑静な住宅街を
ゆっくり歩いていくと
f0095094_0453589.jpg

見えてくるのは、京都市指定有形文化財駒井家住宅
遺伝学者であった「駒井卓・静江夫妻」の住居で昭和2年に建築、設計はヴォーリス建築事務所
米国人W.M.ヴォーリスとは
日本でたくさんの西洋建築を手懸けた建築家であり、ヴォーリス合名会社(後の近江兄弟社)を設立した一人で、
メンソレータムを日本に普及させた実業家でもある人です。
近江兄弟社でピンとこない人でも(すいません)、メンソレータムの会社と言った方がわかるかも知れませんね。
その中のひとつ、駒井家住宅に行ってきました。
f0095094_0403140.jpg

中に入るとまずは、ダイニングルーム・リビングルーム・サンルームと続いています。
f0095094_0405399.jpg

サンルームからは、よく手入れされた庭。
残念ながら、外壁の修復工事中で出られないのが残念でなりません。
f0095094_04136100.jpg

出窓に作り付けのソファ。こちらの窓からのほうが庭がよく見えます。
f0095094_0415553.jpg

唯一の和室。6畳くらいだったかな。
f0095094_042851.jpg
f0095094_0421951.jpg




ホールから曲線がきれいな階段。
左の窓にはステンドグラスが入ってます。
上がってみるとわかるのですが、とっても上がりやすくてちょっと感動!
f0095094_0431218.jpg

駒井博士の書斎。
当時のまま残されています。
書籍も当時のものです。
f0095094_043228.jpg

主寝室からサンルームを見る。
この2階のサンルームからは、比叡山が一望できる素敵なロケーション。
大文字も見れます。
工事の足場が組んであるのが、重ね重ね残念・・・
f0095094_0433293.jpg

白川沿いからの外観。
当時アメリカで流行していた、アメリカン・スパニッシュ様式だそうです。
f0095094_0444091.jpg

この建物は現在「日本ナショナルトラスト」が管理されていて
建物内は職員の方が案内・説明してくださいます。
ざ~っと説明してもらえたら、後は写真も自由に撮ってもいいので
心行くまでこの素敵な建物を見学できます。
たまにはこんな中でゆっくりするのもいいものです。
[PR]
by belfast65 | 2008-10-31 01:25 | 京都
<< 陶芸の森 時代祭・Ⅱ >>