高台寺・圓徳院
圓徳院は、豊臣秀吉の妻、北政所(ねね)が秀吉の没後すごした場所です。
77歳で亡くなるまで19年間この地で過ごしました。
その後、ねねの兄の子利房によって木下家の菩提寺として開かれ、高台寺の塔頭となりました。
f0095094_0202812.jpg

方丈より南庭を望む。
f0095094_0205072.jpg

方丈内には長谷川等伯障壁画や、襖絵などが保管されています。
f0095094_0205944.jpg

北書院にある北庭。
もともとは伏見城北政所化粧御殿の前庭を移したもので
桃山時代当時の原型を留める代表的庭園のひとつです。
f0095094_0211860.jpg

この手水鉢(桧垣の手水鉢と言います)の奥、写真の反対側に江戸時代の茶室があるのですが
その茶室でお抹茶がいただけるようです。
f0095094_0213040.jpg
f0095094_0214327.jpg
f0095094_0215917.jpg
f0095094_0221616.jpg

ちょうど春の観光のピークが過ぎた頃でしたので、ゆっくり観て周ることができました。
ゆっくり観るなら、真冬が一番いいんですけどね~。
[PR]
by belfast65 | 2009-05-11 00:51 | 京都
<< 葵祭・そのⅠ 大田神社の杜若 >>